普通に投資さえしていれば大企業の退職金程度のお金は自分が退職するまでに作ることはできる

結局だれでも普通に投資さえしていれば大企業の退職金程度のお金は自分が退職するまでに作ることはできるのです。ここでいう大企業の退職金というのは3000万円程度ということにしましょう。この金額がもっと多い人もいるでしょうし、これよりも少ない人もいるかもしれませんが、ここは3000万円程度ということにしておいてください。

この金額を大学院修士を終えた時期、つまり24もしくは25歳程度から会社に勤め始めたとして定年退職まで働いている間に株式投資し続ければ、そのくらいの利益を出すことはできると思っています。

ここで働きは始める年齢が大卒の22歳ではなく、大学院修士修了の24歳程度としてのは、理系の場合、今はこれくらい勉強するのが普通だと私が考えているです。

それに、文系の場合大企業に入っても、いつの間には自分で地上げ屋になり、ベンツどころかフェラーリ乗り回している私の友人もいるので、どうも私が文系の方はよくわからないと思っているので、理系の方の人間いついて考えてみたのです。ミュゼ 襟足 自己処理

NISAという制度は是非とも利用するべき

NISAというのはいろいろな投資を下手で行うことができるということになりますからこれは自分に素晴らしいことではありません。株式投資というのはまずはこういう制度を活用してやるということがお勧めできます。配当金狙いの株式投資などであれば明確にいつまで保有していないと権利がないのかということは確認しておきましょう。そうすることによって、安定した投資ということにすることができるようになるからです。これはとてもよいことになりますから、実行する価値はあるといえますから、是非とも積極的にやってみるとよいでしょう。やはり配当を貰える付近になりますとみんな欲しがり出すということがありますから、これはその時に値が上がるということがありますのでその前に購入しておくことが普通です。出来るだけ、しっかり安定した投資をするようにしたほうがいいでしょう。それがベストということになります。そのあたりのことはやや難しいことではありますが利点はあります。ucs etc