子供に英語を身につけさせたいのになかなかできなかった

息子はアメリカ生まれ。とは言っても夫の仕事で滞在していて産まれて2カ月で帰国したので、ほとんど、いえ全然記憶はないでしょう。新生児室で現地の看護婦さんたちがしゃべっていたのを聞いていたかしら。
いちおう英語を身につけさせてあげたほうが本人にもよいかと幼児の頃にほとんど遊びの英会話教室にも行ったけれど、まったく興味を見せず1年でやめました。
家でワークブックのようなものをやらせようとしたけれど、本気で嫌がってムリでした。いま小学5年生になり、中学英語に備えたいと考えていたところ、同じマンションの知り合いママが、お兄ちゃんの中学の教科書をゴミ捨てしようとしているところに遭遇。息子の行く予定の公立中学1年の英語教科書とワークブックをゲットできました。なかなか手をつけることができてなく、息子もイヤだの一点張りで半年が過ぎ、とりあえず目だけでも通しておいてほしいと、学校の宿題が終わってすぐ約3分程度、読み聞かせタイムを作りました。絵本の読み聞かせのように本を開いて見せて読んで聴かせて、ちょっと日本語訳の説明。ありがたいことに、教科書の内容が、けっこうおもしろく展開するので、息子も登場人物に興味を持って、ふざけたツッコミを入れてきます。毎日ちょっと教科書を見せておけば、実際中学で授業が始まった時にも抵抗がなくなるのでは、と踏んでいます。続けなきゃ!